2016/02/10

クレルモンフェラン国際短編映画祭2016・3日目

クレルモンフェラン国際短編映画祭2016・2日目 の 続き。

ね~ わたしは もう 完全に やる気を失ったよ。
聞いてほしいけど まず 朝から 順を追ってお話ししましょう。

朝4時。 起きてお仕事。
朝食がOPENする6時半に 下階へおりて ご飯。 
誰もいない。。。暗いし。 お外もまだ真っ暗。
ノート持っておりてきた。 1時間くらい居座る。
その間 ご飯を食べに来たのは おじさん一人。
ご飯を食べ終えて カヘオレを取りに行ったら
猫!! 猫がいる!!!! わーーー にゃにゃにゃにゃにゃ!!!!
その後 人がパラパラ来出したので お部屋に戻ろうとしたら
まだ猫が居たので しばし戯れる。
スリスリしてくれる(=・ω・=)
お昼までお仕事して 出動。
雨~~~ 今日は 本格的に 傘が必須な雨! すん;;
トラム移動でよかった~
あんまり濡れずに済む。。。
今日も賑わっている 文化センタ~。
わいわい
いつものフライヤー置き場を見ると
おっ INTERFILM!
参加したの もう2回前のやつなんだ。 早い。 早すぎる。 こわい。
縦横無尽さに拍車がかかっている・・・
みんなテープを使い始めた。 斜めの場所にも 無理やり置かれている・・・!
今日は 初めて3階に来ました~:D
ここのお部屋で インタビューを受けるよ:D
入ると、他のプログラムの監督さんたちがインタビューを受けている。
いつもやってるのかな。知らなかった。
録音してOK という書類にサインを求められる。
12時半からって言われて来たのに・・・
13時半をまわる・・・ そして わたしの番。 ここから 本日の悲しみが。
まず わたしがプロデューサって把握せずに話し始める インタビュアのおじいちゃん。
「わたしがプロデューサってご存知です?」と聞くと とってつけたように
「なぜこの作品をプロデュースしようと思ったのか?」って・・・・・・・・・・・・・・・・・なななな なにその質問ーーーー
この2年間 ずっと作品のことを考えてきたのに そこ、遡って、作品の前の 一瞬の動機を聞くの???

あまりにも予想外の質問に 戸惑いながら 探り探りしゃべるわたし。
っていうか それ ほんとに聞きたい・・・? どうでもよくない? どうでもいいよね? 作品のこと 聞いてよーーーー

プロデューサだけど 一緒に考えて作ったんだから 何でも把握してるし 何でも答えられるのに。。。

しかも その後の質問が 「顔がアルファベットだけど 何で日本語じゃないの?」
・・・!
ど う で も よ く な い ? ? ? ?

彼、「悲しいお話」「消防士やレッサーパンダが出てきてファンタジック」って言ってたけど きっと 全然解ってないし
何を聞いたらいいのか判らないんだろうし そもそも この作品に 興味ないんだろうなぁ。。。

何も悲しくない、ただの少年の成長のお話だし 消防士は少年の勇気で レッサーパンダは未来の少年だから
みんな同一人物で 超現実的 何もファンタジックじゃないんだけど。

イチローくんの I は 「ぼく」 という意味も含めての イニシャル I なんだけどーーーーーー
英語とか日本語とかじゃなくてーーーー あぁ フランス人だと ピンとこないのかな。 なるほどなぁ。

なるほどなぁ・・・

しかも わたしがインタビュー 一番最後だったので 時間押してたからって たったそれだけで終了。
なんなの。
なんなのよ!!!!!!!

精神的に疲れた。
お外は雨。
大川原くんが一番最初に出してきた企画は とてもとても抽象的な内容で
ほぼ ノンナラティブだった。
なんとなく の部分も多くて 衝動で構成されていた。

それを ふたりで 少しずつ 整理整頓していった。
つじつまを合わせたり 理由付けをしていった。
なんとなくの部分を無くしていく、だって バレるから。
わたしには判ったもの。「ここ、なんとなくこういう展開にしてるよね、」って。
「ちゃんと考えて、意味のあるものにしていきましょう」って そうやって ストーリーのある作品になった。

でも わたしは反省していて 時間がなくて 詰めきれなかった部分も残ってたし 
大川原くんの抽象的な面白い部分を わたしが整頓したことで 台無しにしてしまったんじゃないかって
この状態から もう一度 崩す作業をしたかったな 解りやすくなりすぎてしまった 面白みが無くなってしまったなって 
心残りになっていたんだけど

時間を置いて 観れば観るほど ああ いい作品だな って 思えるようになって
新千歳で観たときも すごくいいなって 思えたし バランスも 思ったより悪くなかったなって 思ってたんだけど
(そんな経緯があったから Gerbenが「大好き」って言ってくれた時 本当にうれしかった)

あーーー それよりも 更に やっぱり 解んないんだなって。
わたしは 整頓し過ぎて 解りやすくなりすぎたと思っていたけど 
初めてこの作品に触れる人には なーんにも 解んないんだなって
お客さんと 対峙するたびに 気付かされる。

今回も。

だから よかったのかもしんない。 このバランスで。
ただ プロのインタビュアなんだから もっと マトモな質問してほしかった・・・
悲しい><

17時。
ボリスヴィアンで Labコンペ1。
座って じっと上映を観ていたら 悲しみが体の隅々まで浸みわたってしまった。

帰ろう。
文化センター前のイタリアンフードトラックで なぞのクロケットを買ってみる。 
ものすごく熱く あっためてくれて
ものすごくあったかい包みを抱えて トラムに乗って ホテルに帰る。
わたし、怒ってるんだから。
ホテルのお部屋で なぞのクロケットを食べる。
おいし~い! ヾ(・v・)ノ
お水が無くなりそうだったので
ホテルの隣の ガソリンスタンドの カジノ(コンビニ)に行く。 
フランス。 フランス語。 メロンジェ。 ファティゴン。

疲れた。 今日だけで どっと疲れた。
お仕事も溜まるし。

あーーーーーー

抱え過ぎている。

また明日。

2016/02/09

クレルモンフェラン国際短編映画祭2016・2日目

クレルモンフェラン国際短編映画祭2016・1日目 の 続き。

朝! 
深夜2時頃に寝たのに 無駄に6時に目覚める。
映画祭の旅では 緊張しているから いつもこう。

昨日は ゆっくり出動でスキップした ホテルの朝ごはんを はりきって食べに行きます:)
わたしの雑な朝ごはん。パンオショコラとカヘオレが美味し~い:D

そういえば 日本のおうちで 胃を痛めていたにも関わらず ミルクティばかり飲んでいたわたしに 母が そんなヘンナモンばっかり飲んでないで 牛乳飲みなさい と言っていたけど
成田を発ってから コーヒー・紅茶飲まず お水ばかりだったから 胃の調子もよくなった気がする(・v・)

お外は ものすごい風で 風の轟音が轟いているが さて 本日のクレルモンフェランや いかに。
エレベータホールの窓からの 雑な景色。(真ん中に植物がω)

風邪も(お薬ちゃんぽんからの)胃痛もよくなった! 
今日は元気なわたし!(・v・)9
いってきまーす!
ところで なぜお写真が こんなにも雑なのかというと まぁ バタバタしてる中 雑に撮っている というのもあるんだけど
わたしのカメラ もう1年以上だと思うけど 液晶が割れて わけわかんないことになっているのね。。

撮っても 何撮ってんだか よくわかんないω
水平もわかんないから傾くし 中心もどこだかわかんないし 左下なんて 何が写るかわかんないωωω
今 欲しいカメラがあって 数か月間 ずーっと 価格の推移を見守っているところなので
そろそろ新しいのに買い換えます~
さて!今日は朝から クレルモンフェランを知る旅に出かけようと思ったのだけど
ホテルのネット回線が遅すぎて 26MBをアップロードするのに まさかの2時間かかるという脅威。

予定よりちょっと遅めの出発。
お外に出ると 想像よりすごい風!!!!!!!
歩けないというか 転びそうになるくらい。 都内だったら電車全線止まるレベル。
あまりにすごくて 道行く人々と顔を見合わせて「やばいっすね!」「すごいね!」って言い合いながら歩く。

いつものトラム 今日は 文化センターなどを通り過ぎて Hotel de Ville へ。
ここが Hotel de Ville 駅。
地図を片手に歩かなくても 大体頭に入っちゃうほど 小さく簡単な中心街。
(でもフランスの地方都市にしては広いし発展してる方)
虹!! 晴れてるのに小雨が暴風で舞っているため ずっと消えない虹。
Hotel de Ville(オテルドゥヴィル)は 市庁舎のこと。
駅から市庁舎があるはずの方を見ると 断崖絶壁なんだけど・・・?
なぞに無骨なエレベータがある。
これ 勝手に 使っていいのかなぁ
使った。
高いところに来ました~
エレベータを降りると 噴水の広場。
すごい風で 噴水が 最も近づいてはいけないスポットと化している・・・(水が周囲に飛び散ってる)
あのエレベータに乗ってきたよ:)
さて 市庁舎はどこだ?
あ、あっちね。
はーい
・・・って え これ??????
でも HOTEL DE VILLE って 書いてある。 回り込んで確認したけど、これが正面みたい。
こんな狭い道に面しているの!!
フランスの色んな街の市庁舎を見てきたけど こんなの初めて見たわ!!!
でも、よく見ると この地方独特の火山の岩で建てられているね。黒い市庁舎。
周りは全部狭い通りで ごちゃごちゃ感はかわいい。
奥に見えるのは Cathédrale Notre Dame de l'Assomption。
クレルモンフェランの 黒いカテドラルです。 (l'Assomptionラサンプスィオンとは聖母被昇天のこと)
あっちに行ってみよう:D
あ!だまし絵の壁!!
奥まで続いてる! 建物の形を利用して よくできてる~:D
わたし プロジェクションマッピングより だまし絵の壁の方が すきだな。。
なんだか可愛いレストランを横目に カテドラルの方へ:D
ものすごい風に吹かれて 後退しながら激写。
大きすぎて わたしの狭いレンズじゃ入んない。
まわりこんで、カテドラルに面する ヴィクトワール広場。
その中心に居るのが・・・
でたーーーーー! ウルバヌス2世!!!! 彼が!!!(あの世界史の教科書の中の!!笑)
クレルモンフェランと言えば 一般の日本人にとっては 映画祭などより クレルモン公会議だよね。
来る前に「クレルモンフェランに行く:D」って言ったら 映画全然関係ないプログラマンに
「おお あの十字軍の!」と言われたよω

ウルバヌス2世さん(さんじゃない!教皇だ!)を挟んで カテドラルの反対側にあるのが ツーリズムオフィスでーす:D
・・・ん? ちがう。 メゾン デュ ツーリズム って書いてある。 ツーリズムハウスだ。 ・・・。
入るよー:D
中には 地域のマップやインフォメーション、それから 少しのお土産。
ミシュラン推しω そう ここは あの ミシュラン の本拠地。
ミシュランには興味ないので クレルモンフェランのポストカードを買います:)

さぁ、カテドラルに入るよ
そうごーん:D (荘厳)
大聖堂の空気は どこも同じ。 やっぱりすき。
ステンドグラスが見事。
カテドラルなので もちろんバラ窓もあるよ:D
さて 暴風の中を 再び移動します!
かわいい外装のお店!
本日は近付くと危険な噴水!
(周りの道がびちゃびちゃ。)
ボンデスィネ(まんが)屋さん!
日本のマンガも充実してございますー:D
右にある入口が可愛い。
毎日あんな入口から出入りしたい。
はい! ここが街の中心にある ラポスト!(郵便局)
入りまーす
わっ コリッシモのデザインが オシャレになってる・・・!!!
20年くらい デザインの推移を見てきたけど(20年前は確か黄色い箱だった)
かつてこんなオシャレなデザインはなかった。。。いいなぁ(なにが)
切手を買うだけなので 自動販売機で買うよ。
自販機で買った切手を貼って
さっき ツーリズムハウスで買ったお葉書を出します~:D (家族に)
ポストへ。
さて! そろそろ 文化センターへ向かいます。
・・・すっかり 文化センターとか呼んでるけど(勝手に) 
Maison de la Cultureね。 映画祭のメイン会場になっている。

なんとなくで そっちと思われる方向へ歩いていく途中で出会った あの人たち。。。
ここ通り抜けられるかな?
あ ショッピングセンターかな?
あ セフォラだー:D セフォラ買うー:D
・・・なんでやねん!(のりつっこみ)
ちがうちがう。 うっかりセフォラに寄ってる場合じゃなくて 文化センターに行かなきゃ。
通り抜けてみたら いつものトラムの通りに出られた:D
ちょうどトラムが来たので 歩いて5分の道のりを トラムで1分。
乗車自由って便利~!!! 平日の日中は トラムが5分おきくらいにくるから とっても便利!

さぁ!本日の文化センター
今日も入り口では ガードメンに バッグの中身を調べられます。 いちいち。
いつも2人いる。 ガードメン。
アニメストのシールが可愛かったので 今日もっともらおうと思ってたのに もう無かった(@_@;)
昨日の偵察で 縦横無尽ということが判ったので 今日はフライヤーとシールたちを持ってきた!
縦横無尽に置くぞっヾ(・v・)ノ
あっ これは 日本から唯一 メインコンペにノミネートしている実写映画のカード!
縦横無尽に置いてある!笑
来てるんだ~:D
ゲストレセプションで 昨日教わった通り クロージングセレモニーの予約をします:)
無事チケットを貰えたので 下階に戻る・・・
ものの数分だったのに さっき置いたシールたちが もう無くなってた(@_@;)

シール・ポストカード が はける速さが 他の映画祭では見られない光速さ!
すれ違った シール・ポストカードばかり集めてるらしき ふつ~のおばちゃんが tpjpのシール2種類とも持ってたω
もっと持ってくればよかったなぁ。

アニメストのシールもすぐに無くなってたし やっぱり宣伝には フライヤーよりシールがいいよね。

入口の 飲み物ブースを撮ったら ムッシューがカメラ目線ω
すごい風の中 文化センター前のフードトラックは 今日も大盛況!
お昼だしね。
今度は犬がカメラ目線だワン。
1時からのプログラムを見に キャピトルへ~
まだ少し時間があるので ジョード広場を散策。
キャピトルの向かいには ギャラリーラファイエットがあるよ。
広いジョード広場。
さあ 彼に会いに行こうか。
わーーーーい!
これが! 大好きなバルトルディ作 ガリアの英雄、ウェルキンゲトリクス像。
後ろに見えてるのは Saint Pierre Les Minimes教会。
こっちのが好い角度。
やーーーーーーーーもーーーーーーーーかっこいい><
バルトルディのスタチューは 本当にかっこいい!! こんな躍動感のある馬を表現できるのは 彼だけ!
すっと眺めていられる・・・ あ~ かっこいい・・・もう ほんと かっこいい・・・ディティールがやばい・・・かっこいい・・・(惚)
まだ時間があるので 後ろに見えてた 教会をのぞきまーす
簡素な内装。
両側にステンドグラス。
さっきのノートルダムでも思ったけど 展示の仕方がしっかりしている。
観光客に積極的に見せる気のある 展示の仕方。 すばらしい。
教会側から見る ジョード広場。
ひろーい。
そろそろ プログラムを観に向かおうか。
この道も楽しそう! こんど散策したい。
あ・・・ わざわざ中心のラポストに行かなくても ここにもあった・・・(ジョード広場前)
キャピトル!
わっ 20分前なのに もう入口まで並んでる!!
入口から 階段をあがって 2階を通って 反対側の階段を降りて 上映ルーム入口まで
ぐるっと並ぶ行列。
わたしが並んだすぐ後にも どんどん並んで 道まで・・・
この回も満席!
こんなにどの上映も満席の映画祭も初めて。 これは本当にすごい。
あと、どこに座っても 完全にスクリーンが見える!! 前の人のアタマが ちっとも邪魔にならない。
インターナショナルコンペを見たけど 面白いし ちゃんとしてて
ますます ラボコンペティションの狂気に確信を得た・・・

観終わって 午後3時前。 お外に出ると 雨!!!
次に観ようと思ってたプログラムが 少し離れた会場だったんだけど
思ったより 前のプログラムが終わるのが遅くて(開始時間がちょっと遅かったから)
間に合わない もういいや
からの 街歩き。

オシャレなマカロン屋さんに 映画祭スペシャルの「短編コルネ」マカロンセットが!
ネーミングセンス!!!
えー この後はですね、雨だし 近くのショッピングモール ソントルジョード で時間をつぶして
文化センターの いつものお部屋 ボリスヴィアンで ラボコンペ5 を観たら もう7時前。
帰ります。

相変わらず雨。
・・・という 2日目。
もうすっかり クレルモンフェランの町には慣れたねっ(・v・)

明日ラボコンペ1を観れば ラボコンペは制覇っ
しかし お仕事とやることが多すぎてやばいよ~~~~ヾ(@_@;)ノ

あわわわわわ。
また明日。