2016/10/28

お知らせとか

先に重要なことを言っておくね。

11月3日 (木) 14:00~、アーツ千代田 3331で
文化庁メディア芸術祭20周年企画展内イベント
「学生たちの20年―学生からクリエイターへ―」に出演します。

イロイロあって 出演者が因縁めいたことに、、いや 一周回って 
まぁ 結局最後は作家同士なんだよねぇっていう
水江未来さん、大山慶さん、大川原亮くん、ワタシ、の4人に なりました。

みんな なんでもしゃべっちゃう人たちだけど 大丈夫かな~
ベースは同じようなところにあるのだけれど、それぞれの10年を過ごした 我々。
おもしろいと思うので ぜひ聞きにいらしてくださーい(・v・)

詳細&事前申し込みはコチラ~


それとは関係ないのだけど 偶然最近、カ~フに寄った。
近くで用があったので マカロンを手土産に。
チンチラさんにご挨拶。
(一番右は その夜食べたムールのグラタン)

過酷な夏が終わり 生活が 変わった。

生活スタイルも変えたし お仕事のやり方も 時間の使い方も
暮らす場所も、これから半分。

もう、精神を追い詰めないと決めたし、そうしなくても生きていけるように なったんだ~
そんな夢みたいな人生が送れるようになるなんて 思わなかった。 夢みたい。

好きな絵を 好きに描いて生きていけばよいと
そんな環境を 与えてもらったから。
もっと 自分の描きたい衝動を 描く力を 描ける楽しさを 大事に 生きていこうと 思ったんだ。

あいかわらず 忙しいのは 忙しいんだけど それでも 精神的に追い詰められていないだけで
世界はハッピ~なのだ。

合間に駆け込む 毎年恒例 ジャックに逢う行事。


わたしはね、結局 他人に興味がないのだよ。
周りの人は大事だよ。 おともだち、家族、家族のようなお仕事の仲間たち、だいすき、とっても大事!
でも、関係ない人のことは 興味がない。

そのせいで 生きていくのが難しいと感じることが 今までたくさんあって
お仕事でも たくさんあって 苦しんだ。
特に 名前が出るお仕事をしているから 自分の周囲で 自分の意思とは違う風に空気が動くことが多くて

好きなことを仕事にするということとは。
ということが ずっとテーマだった。 お仕事は 好きにはできないから。

それでもいい、それでも わたしにはそれしかないから それを選んで生きていく と 10年もがいたら
な~んだ、するっと 引き上げられて こんなにも簡単に でも 10年があったからだと

もがいた10年が、あった からだと。
ぽっかり空いた時間を メゾンデュショコラで埋める。

幸せ!

2016/10/01

オタワ国際アニメーション映画祭2016

行ってきた。
なんかもう ここ2ヶ月ほど ちょっと壮絶な集中作業生活で
フライトの日も ギリギリまで作業して 納品して フラフラの状態。。

気付いたら ANAの スターウォーズジェットに乗っていた。
気付かず乗って、なぜか スターウォーズのBGMが流れてるな~ ってボンヤリ思ってたら
次々とBB-8 のイロイロが現れて ああ、わたし BB-8ジェットに乗ったのか。。。

と おもいながら ボンヤリしたまま ワシントンDCに着いた。
ずっと朦朧状態で 結局 どんな外装の飛行機に自分が乗ったのか 確認せずじまい。。

行きはワシントンDC経由、帰りはシカゴ経由、どちらも合衆国経由で 
別に 好きで経由してるわけじゃーないのに いちいち入国審査で根掘り葉掘り聞かれ ものすごくめんどくさい。

ただの乗り継ぎだって言ってるのに アメリカの学校に通っていたことがありますか?とか聞かれて
一瞬 えっ そんなのない と思ってしまったが あぁ、ESLのことかと 思い出した。
(審査官さんが見ているモニタには わたしの合衆国入国・滞在履歴が全て表示されていたのだろう)
さて、約1日かけて オタワ!
木曜、午後。
タクシ~に乗ります~
ぼんやりと カナダの広い景色を眺めながら
ああ、忙しい中でどうかと思っていたけれど やっぱり 来てよかったな、と 想う。 
ホテル到着~
今回は オタワ市街の中心にあって 映画祭会場にも行きやすい
とっても便利な ノボテルオタワ に 泊まります~
ロビ~
チェックインして お部屋へ~
キングサイズベッド!しあわせ!
空港で さっそく メ~プルキャンディを手に入れた! だいすき!!

とりあえず液タブセットして。。
このまま ベッドに倒れ込んで眠ってしまいたかったけれど
お出かけします~~~
ホテルを出て 左を向くと お隣がもう ア~ツコ~ト!
久しぶりだけど 見慣れたア~ツコ~ト。
入ろうとしたら いきなり入口でマルコさんに遭遇! わぁげんき!?って ご挨拶。

オタワは いちばん知り合いが多い。
最初に参加した時は 審査員だった。マルコさんも一緒だった。
それから 出した作品は 必ず選出してもらってる。
わたしが いちばんホ~ムだと思える 映画祭。 日本よりも、世界でいちばん。
マルコさんと 後でね~と別れて ア~ツコ~トの中に入ります~
ちなみに オタワはカナダの首都なので 英語圏だけど 常にフランス語と両表記。
映画祭も 英語と仏語 バイリンガルで行われます。
エレベータで上へ。
いつものお部屋に 映画祭本部がある。
ここで 名前を言って フェスティバルパスとバッグをもらいます~
今回は ノミネート作品のプロデューサなので アニマパスでなくて ウィークエンドパス。
金曜日から、最終日の日曜日までの フリ~パスです~
この日は木曜だから パスをもらって 翌日からどのプログラムを観るか 夜にじっくり計画を練る日。
フェスティバルバッグの中身!
中身のことよりも 今回 バッグの素材がしっかりしてて 驚いた。
いつも 黒いペラペラのやつだったのに。

裏は ディズニ~のロゴ。
ア~ツコ~トに ディス イズ マイ ハウス のフライヤ~を撒き散らして ホテルに帰ります。
山村さんのお隣にも~(・v・)
ス~パ~で タブレのサラダを買って 本日のディナ~。
ねむい。
ものすごくねむいけど 明日からの予定をたてねば。
作業に追われて溜まっていた 事務的なお仕事も 少し しなきゃ。
よく寝た~! こんなにノンビリ眠ったの 本当に久しぶり。 復活の朝!
ホテルのお部屋からの眺め。 雨でしっとり濡れた オタワの街。
まだ 普通のお店は開いてない。。
ホテルのお隣にある ショッピングモ~ル リド~センタ~の横を通って。。
バイワ~ドマ~ケットへ向かいます~
かわいい(・v・)
バイワ~ドマ~ケット。
もう開店しているお店、開店準備中のお店、
あ、ここに 去年 日本上陸した ビ~バ~テイルズがあるよ~
かわいい。
美味しそう。甘そう。
ちょっと大きすぎるから わたしには食べられない。。フタクチくらいでいいんだけどなぁ。
マ~ケットで メ~プル関連オミヤゲを買い漁って ウロウロ。
オバマさんが来たとき買っていったから オバマクッキ~。。
オリ~ブのフ~ガス、ちょうおいしそう!!
でも大きすぎて買えない!!
枕ほどある!
マ~ケットの中を歩いて戻る。。
あ、郵便ポストがかわいい~
ごちゃごちゃ模様!
ス~パ~マ~ケットの メトロを通過して。。
バイタウンシネマ到着~
ここがメイン上映会場!(普段は普通の映画館)
。。。の前に まだ時間があるから お向かいのス~パ~ ロブロウズへ。
でた~ プ~チン味のポテチ!
(プ~チンとは ポテトにグレイビ~ソ~スとチ~ズをかけたカナダ名物ごはん)
メトロより広いから こっちがよい。
オリ~ブパラダイス!
ヾ(・v・)ノ
時期的に カボチャ三昧。
パンコ~ナ~
広い。
さて バイタウンシネマへ。
コンペティション4を観ます~
すでに 映画祭3日目なので 4から。
そして そのあと コンペティション5。
クリスロビンソンを見つけて ハグ!
「来てたの!知らなかった」「昨日の午後着いたの~」

他にも カナダのみなさんに会って わいわい。
夜11時ギリギリ
何がギリギリって 帰り道にあるスタバ閉店時間
急いで寄って パンプキンスパイスラテ買って おうちで作れる粉も買って ホテルに帰る。
翌日、映画祭4日目。
夜にはもうアワ~ドセレモニ~がある!

その前に バイタウンシネマで ラギオニさんの新作長編を観る。
Louise en Hiver
もう すごく よかった。
圧倒的で、 かなわない。

ずっと迷っていたことを 決心した。


夜7時半から アワ~ドセレモニ~。
今回は サンブリジッズ教会で。
こんなにステキな 映画祭セレモニ~会場初めて!
わたしが来ていなかった ここ3年くらいを この教会でやっているらしい。
ミキシングブ~スも設営されて、
3つある特設スクリンは リアプロジェクション。
教会だから 後ろにはパイプオルガン!
座る。
ウシェフ、受賞。
今回 プログラムの前に必ず 映画祭40周年記念ジングルが流れて
それが ヒュカ~デさんとウシェフが作ったやつで(ウシェフはよく知ってる知り合いなので呼び捨て)
映画祭の間 それが観客の間で ちょっとした流行に。

困ったことがあると 「きっとウシェフが助けてくれるよ」「イエス、ヒ~キャン」みたいな。
。。。わたしが何を言っているのか 解らないだろうけど
とにかく アニメ~ション界のメジャ~人物、ウシェフ。

彼の何がすごいかって 作り続けて 発表しまくる その作品量もだけど、
作品内容や手法が バラエティに富んでいるところに 毎回感心させられるのだ。
日本から参加していたみんなと ようやくわ~っと合流して
流れで わ~っと 40周年記念ナイトパ~リィへ。。
おなかを空かせた土居さん。
寒いし眠いし帰りたい。
でも みんなに会えて たくさんお話しできて よかった~
楽しかった!

深夜0時過ぎ、ホテルに帰る。

翌朝、フェスティバル最終日。
がんばって起きて 朝9時半からの ミ~トザフィルムメイカ~へ。
ドイツのショ~コちゃんが インタビュ~を受けるので せっかくだから 見に。
そのあと 3連続で まだ観られていなかった コンペティション1~3を。
ナショナルギャラリィ、バイタウンシネマ、と たくさん歩く。
ナショナルギャラリィには ママンがいます~
上映ル~ムは 段差が激しいので 観やすい。
バイタウンシネマへ行くために バイワ~ドマ~ケットを通過したら
お昼頃だったから とてもにぎわってた。 
。。。っていう、今回の 簡単オタワ旅行。
バタバタはしたけど 夜 ちゃんと暗いお部屋で 何の心配もなく ぐっすり眠れたから
なんだかとっても ゆっくりできた。

ここのところ ずっと 睡眠は レンダリングの様子をみて 1時間おきに起きながら、、みたいな生活で
ずっとうつろな心身状態だったから 生き返った気分~ ほんとうに。
だいすきなみんなにも会えたし。

さぁ、日本に帰って また 大忙しの日々。
オタワの空港 何もなくて とても暇。

カフェと、
小さなオミヤゲ屋さん。
夜が3度 とか オタワは普通に寒かったから
東京の暑さに びっくりしながら 日常に戻る。

また 目標ができた。
がんばるぞ~(・v・)9