2014/10/20

お知らせ amazarashi『もう一度』MV

そういえば、これのコンポジットをお手伝いしました。
amazarashiさんの、『もう一度』MVです。監督はYKBXさん。

今回は 色々事情があり、お手伝いさせていただきましたが
YKBXさんは 割と昔からプライベートでの付き合いが先にあり、わたしは プライベートとお仕事を混同するのが激しく嫌いなので
一緒にお仕事させていただくことになるとは 本当に 夢にも思いませんで、、

彼は とても絵が上手だし 壮大なビジョンを描ける人なので MVのように時間も制作費も無いお仕事はもったいないですね。
今回のMVも壮大でかっこいい。

才能があるって 羨ましいです。

2014/10/17

わたしが馬鹿でよかった

30年も生きたのに、悪いことがちっとも身につかない。
自分で言うなって? でもそうなんだもん。 わたし、自分ほど白い人間にあったことがないんだもん。


他人の言動に文句を言うのも よく解らないし 人間関係が少しでも不穏になるだけで 泣きたくなる。
みんなもっと 嫌なこと考えない世の中だったらいいのに、優しい人ばっかりでさ。

あーあ。 でも 大抵は みんなそんなに優しくなくて わたしは 人と関わるのが嫌になるんだ。

遅刻しないかと 5時間前から心配で手足が震えるんだよ。 それもただの友人との待ち合わせで。
他人と関わるとき わたしは 全てに於いて そうで もう 疲れて 疲れて しかたがないよ。


でも、馬鹿だからすぐ忘れちゃう。 すぐ忘れちゃうから、また繰り返しちゃう。
鵜呑みにして、信じて、「えっ」ってなって 悲しくなって でも また忘れちゃうんだ。
いつも疲れて いろんなことを もう止めてしまいたいって
もう誰とも関わらずに 誰も知らない土地に逃げて ひとりでこっそり暮らしたいって いつもいつも思っているけど

わたし 馬鹿だから 1日ごとに 忘れて 今日をやり直すんだ。

寝れば全て忘れる。 忘れられる。 恐怖も。悲しみも。 喜びも、楽しみも、、


なんかのビョーキか????φ(●_●)


tampen.jpは、必要かな? わたしの善意の塊は、空回り? みんな、自分でできる?
そう、わたしなんか居なくても、世の中何も変わらなくて みんな自分でちゃんとやっていけて
それは よく解ってるよ わたしなんて なにものでもない ただの電気信号と肉塊 動かなかったら腐るだけ
だから 毎日毎日 必要かな? って 自問し続ける。

善意も お金がないと 成り立たない。

でも、今、お金にならないことをしてしまっているから 善意でわたしを支援してくれている人たちに迷惑がかかっているなぁ。
だから止められないんだけど、
わたしの善意が必要ないんだったら じゃあ営利目的にするかってーと それは別にわたしのやりたいことじゃないから
それだったら ヨーロッパの田舎に行って 本屋さんでバイトでもしながら バゲットのさきっぽ齧って暮らしたい。

でも この求められてない感は つらいなぁ。

どっちを とるかだなぁ。いや、バランスだね。何事にも バランスが大事。


製作だってさ。他人の作品に自分がお金出して わたしはお金も無くなり作品も出来ないって
なんだそれ不思議だなφ(●_●)
って 思っちゃうよ それ 思ったら終わりだから 思っちゃいけないんだけど まぁ 寝たら忘れるけど

でも わたしは 自分の作品「見て見て!」ってできないし 「わたしわたし!」ってアピールできないし
寧ろ注目されたり 知らない他人に存在知られたりするの すごく嫌いで怖いし
結局 自分のために そういう活動はできないんだよねぇ。

でも、必要かな? わたしの支援。 誰も求めてなくて 意味の無いことなんじゃないかな。


あー もう つっらいなぁ。 寝よう。
寝て 忘れて また明日最初から始めよう。

馬鹿でよかったな、わたし。 

2014/10/14

バイクほしい人生

ちょっとしたこともSNSじゃなく ここに書こうと思った。(精神安定化)


バイクがね、欲しいんですよ。

でね、
「バイク欲しいからオタワ(映画祭ノミネートしたけど)行くのやめよう」
「バイク欲しいから沖縄(ダイビングに好い季節だけど)行くのやめよう」
「バイク欲しいから新千歳(映画祭)行くのやめよう」
「バイク欲しいからSSD(容量いっぱいでパフォーマンス落ちてきたが)買うのやめよう」
「バイク欲しいから・・・」

ってね、全部 バイク欲しさを理由に諦めてるんだけど、
結局 バイクも買わないから わたし ただの 何もしない人 になっているよ・・・!ここ数ヶ月。

このままわたしは バイクも買わず 一生何もしない人になるのだろうか
バイク欲しい欲しい と思いながら 結局買わずに死んでいくのだろうか

と 思いながら 生きています。
秋です。
今は原付に乗っています。 高速にのりたい(電車回避)から、250ccが欲しいんだよね。


台風ってさぁ、「大型のが来る」って言ってる時間の方が長すぎて
「じゃあ キャラメルティーラテ買いためておかなきゃ・・・!」ってなるんだけど、
一晩もたたないうちに 過ぎ去っちゃって 興ざめ みたいな いや 被害を受けた方も多くいらっしゃるので不謹慎ですが

お祭り騒ぎになりすぎだよね。来る前。
地震が台風みたいに 割と正確に予測できたら すごいことになるんだろうなぁ。それこそ1ヶ月前くらいからとか。


せっかく 都内を深夜徘徊して回復した目が もうダメんなって 昨日は ぎゃー!ってなりながら作業したけど
12時間くらいで ふと治まって 今は大丈夫。 癖んなってるなぁ。
わたし、このまま 脳の病気(血管が詰まるとか切れるとかなんかそんなやつ)で 早死にする気がする。

頭痛って つらいですよね。

他の部位の痛み(腹痛とか)よりも 仕事に支障の出る 我慢できないつらさというか
ほんと 作業できなくなるから困る。

目に優しいモニタ開発されないかなぁ。
もう、ペーパーディスプレイみたいな なんか 光らないやつ。 自分で光ってくれなくても、お部屋の電気でいいから。

こないだ「やっぱエイゾーのモニタがいいですよ」 って言われたけど もう 液晶の良し悪しじゃーないレベルでやばいっていうか
今は 移動時間もないから 寝る以外ずっとモニタ凝視してて つまり 1日20時間くらいを毎日だから
やばいのは解ってるんだけど モニタ見ないと仕事になんないから もう どうしようもない。

今、モニタの輝度を最低にしてるんだけど(あとPCメガネもかけてる) わたしの疲れ目にはまぶしすぎる・・・
こうして 文字打ったりしてる限りは 別に 見えればなんでもいいから モニタにフィルタ貼ろうかな?
3枚くらい。
制作作業だと あまり変な色だと作業できないんだけど 最近 事務作業ばっかりだしなぁφ(・_・)

そうしよう。買うわ。3枚。

※これくらいじゃバイク買えないから こういうものは買います。




2014/10/12

プチ復活

ちょっとお呼ばれしたので 都内の某スタジオさんでディナーをご馳走になり(楽しかったどうもありがとうございます)
疲労がピークだったので もう 大嫌いな金曜夜の電車に乗って モニタの前に戻りたくなくて わざと終電を逃す。

誘ってくれた作家仲間が お仕事の相談があるということで 2人で深夜の都内をぐるぐる歩きながら打ち合わせ。
(彼は別に歩く気なかったんだけど わたしが歩きたかったので。。。)

ここ10日くらい 目の痛みがとれなくて 1度寝たくらいじゃ治らず 酔い止めを飲んで 騙し騙しモニタに向かっていて
心身ともに疲弊、 とにかく モニタから離れたかった。 そして体を動かしたかったω


3時前に表参道で独りになり 六本木までトコトコ歩く。
いつもバイクで走ってたから 道はよく知っている。

今年の春まで ほぼ365日毎日赤坂に居て バイク移動で終電が関係ないわたしは 昼夜を問わず働いたし
会社で眠ることも多かったから なんだかもう ずっと赤坂にいたのだ、だから 赤坂~六本木エリアは 色んな思い入れがあって
足が向く。

六本木は人が多いので やっぱり赤坂へ。
考えることが多すぎて もはや何も考えてない状態。 疲れたなぁ。 疲れたなぁ。 としか思い浮かんでこなくて 目は痛いし
目から頭も痛くて気持ち悪いし

いつもひとりで憂さ晴らしをしていたカラオケ屋さんに入る。
1時間歌ったら すごい楽しかった笑 あ、わたし 歌いたかったのかな? お引越ししてから歌う機会なかったからなぁ笑

そこからまた新橋まで歩いて 朝。 電車で帰る。
バイクですぐの道は 当然だけど 歩くと遠い。 でも夜の東京は 人も少ないしいいな。
夜通し歩いて歌ったら ちょっとだけ回復した。 少なくとも ずっとシコリのようにあった 目の痛みはとれた!!
よかった、またすぐ戻っちゃわないように 労わりながらやろう。


今、ひとつ 「一番やりたいこと」 があって 多分、それをやるといいと思う。 
やらなきゃいけないことではないので 優先できないけど やったらいいよ、わたし。

ちなみに、一番欲しいものは バイク。 わたしの脳内の6割は常に「バイク欲しい」。 もう買っちゃおうかな。
電車が本当に嫌いで 乗るだけでストレスなので 好きなバイク買って 電車に乗らなくてよくなるだけでも かなり幸せになれるかもなぁ。
まー バイクを買うということは しばらく海外長期滞在しない ということなんだけど、、


あー 人生が 足りない。

2014/10/09

おもい

背負っているものが 重すぎる・・・
今わたしは わたしが一緒にビジネスをするならこの人 と思っていた2人と お仕事ができている。
ある意味 夢が叶ってしまったわけで 現在の状態を例えるなら
背筋計測のために 全力でぐっと背中をそらしたものの なかなか計測してもらえなくて
その状態をキープするため「ぐぎぎ」となっているかんじ

彼らは素晴らしくて わたしなどのために動いてくれていて わたしは何もお返しできていない この後ろめたさと焦燥感
苦しい。


おかしいな、もはや滑稽だよ
苦労なんてしないで済むならしなくてよい、学ぶために苦労が必要だなんて社会の都合、楽ばかりの人生の何が悪いのかと
散々言ってきたわたしの いまやっていることが
わたしの 一番嫌いで苦手な 「他人に自分から関わっていく」という作業だ。

もうね、息が詰まりそうになるよ。

大事な友人でさえ わたしは どこかで元気でいてくれればよくて 自分から連絡したりしないのに
自分から 「元気?」 と 声を掛けなきゃいけない

知らない人に「突然申し訳ありません、」と話しかけなきゃいけない

毎日毎日 人と話して お願いして 会って 笑って

あーーーーーーーーーーーーーーーー どうしてこうなった、わたしは 誰とも関わらずに 独りで ひっそり暮らしたいのに。 

でも、責任がある。 一度始めた。 もう逃げられない。
じゃあ、やらなきゃ、やって、早く終わらせよう。 そうして わたしは意を決した。 決したけど日々削られていくし
今までにない種類の ものすごいストレスだよ いやだ 自分がいやだよーーーーー

とりたくない態度とって したくない行動して 言いたくないこと言ってる 今のわたしという人間が嫌だ
自分が嫌いな人格を 築かざるをえないのがしんどい こんなの初めてで どう処理していいかわからない。


SNSの繋がりも 社会の繋がりも 所詮 ただ それだけの繋がり ニコニコしても 本当の思いやりはない。
会話で常にそれを感じるのも馬鹿馬鹿しい、なのに続けなきゃいけないのも馬鹿馬鹿しい。

イラストやお仕事報告をUPすれば みんながニコニコ話しかけてくる 個人的なことはどうでもいいみんな自分が大事
それが伝わり過ぎるほど伝わってくる 人間のうんざりする部分ばかり見えるSNSなんて 本当はやりたくない

そういう人たちはね、こんなところまでわたしを追いかけてこないから
非公開SNSよりも OPENなこのブログの方が よっぽどプライベートなんだ。

悪口じゃないよ、批判も否定もするつもりない 寧ろ わたしは みんなを本当に尊敬している
みんな社会で上手く生きてて それぞれ毎日色んなことがあるだろうに ちゃんと生き続けて 活動して 働いて
本当にすごいし 偉いとおもってるんだ。 本当だよ。

--

ハロウィンの季節!わたしがいちばん好きなデコレーションのイベント。
ハロウィンの絵をたくさん描きたいけど 時間ないから 憂さ晴らしのラクガキω
 あと、最近 3歳の甥から「トッキュウジャー」の存在を学び よく絵を描かされるので 憂さ晴らしのラクガキ。
              \サッ/

「ラクガキ」は楽しい。 てきとーに好きに手を動かして 好きに止めればいい。
お仕事で絵を描くのとは 全然違う。
それでもやっぱり 絵を描くほうがいいのだろうか? こうして事務や営業に追われるよりも

今は判らない。


でもさ、わたし 大学卒業したあの時も こうなって 精神的に追い詰められて 差し出された手を全て払いのけて逃げて
何も残らなかった いや 残ってるけど 未来に繋がらなかったから
今回は もう少し耐えて ちゃんと繋げていかなきゃと思ってるんだ。 学習するんだよ、大人だもの。
それに 今回は背負っているものが大きくて 大事にしたい人たちが居るからね、そういう足かせも必要なんだね、生きていくには。



はやくまたヨ~ロッパに住みたいな笑
誰も知らない 小さくて美しい田舎の町、石畳がいいな、カフェとパン屋さんがあって 好きな絵を描いて 本を読んで過ごしたい。

今はそれを夢に。

2014/10/01

提携のお知らせとお願い

2014年9月29日、tampen.jpは、日本最大級のクラウドファンディングサイトMotionGalleryとの提携を発表いたしました。

クラウドファンディングとは、プロジェクトに対して一般の人々を含め幅広く金銭的支援や協力を募ることです。
アメリカで発祥した、現代に特化した、誰にでも参加可能なキャンペーンです。

そして、今回の提携・コラボレーション企画第一弾として、
大川原亮監督の新作短編アニメーション映画『ディス イズ マイ ハウス』へのご支援の募集を開始いたしました。

まずはこちらのプロモーションビデオをご覧下さい。
今まで編集長としては表に出ないように出ないようにしてきたわたし(小心)が決心してしゃべってます。。。

こちらのプロジェクト、巨大メディアの
アニメ!アニメ!さん http://animeanime.jp/article/2014/09/29/20327.html


などにも、丁寧に取り上げていただきました。
いつもお世話になっております。


まずは地道に実績を積み上げていくことが必要になってきますので、
この、第一弾のプロジェクトを成功させることがとても重要です。
どうか みなさま お力添えを よろしくお願いいたします。


このキャンペーンの詳細・ご支援は こちらから
↓↓↓
MotionGallery『ディス イズ マイ ハウス』キャンペーンページ
https://motion-gallery.net/projects/TIMH


tampen.jp
http://tampen.jp/
『ディス イズ マイ ハウス』制作進行状況記事を週1で掲載予定


『ディス イズ マイ ハウス』HP
http://supermilkcow.wix.com/sugarlump
・FB https://www.facebook.com/TIMH.SugarLump (「いいね!」をお願いします!重大な援護となります!)
・twitter https://twitter.com/TIMH_SugarLump


ちなみに、日本でのキャンペーンは来年1月5日までの予定ですが、
お尻あわせで 11月から 米Indiegogoでのキャンペーンも開始予定です。(Indiegogoは45日間という規定がある)

短編アニメーションのプロジェクトは、業界外に広まり難く、成功も難しいジャンルです。
ひとりでも多くの方に知っていただくために、どうか、周りの方へのご宣伝に ご協力 よろしくお願いいたしますm(。_。)m

2014/09/25

京都国際映画祭CM

フランス滞在記復旧作業の途中ですがお知らせです。

10月16日から19日まで開催される 京都国際映画祭のCM作りました。
監督はドワーフ青松さん。すきです。とてもスッキリしたかっこいい系お仕事をなさるのに、
自分で描いてるイラストレーションはクレヨンなどを使ったアナログでカワイイやつ(すごくすてき)、っていう
作るときも 全然偉そうにしないで 相談しながらやってくださるっていう もう とてもステキな青松さん。

そして出来上がったCMがこちら。



なんといいますか、
文字のパスアニメーションがすごくめんどくさかったのに 全然気付かれない系スッキリモーショングラフィックスに仕上がりました。

あと、「映画もアートもその他もぜんぶ」とか優しく受け入れるかんじに見せておいて
「京都は、人を試す」、と言い放つ この飴と鞭感。

・・・という 無駄なことを考えながら 日々作業しています。


ここから1週間が 物理的に無理なスケジュールで 忙しいの解ってたのに更に別の作業を引き受けてしまった自分に自問自答です。
なぜだφ(●_●)えーん


京都国際映画祭
http://kiff.kyoto.jp/